月間パフォーマンス

2022/11/30

月間成績
日経平均等
2022年11月のパフォーマンスです

月次 +42,170,149円  (+38.5%)

年次 
+79,748,906円(+110.8%)
(TOPIX -0.3%)

今月はラスト3日で減らしましたが、全体として堅調な月となりました
主力が好決算を発表してくれたことが大きかったです

ただ保有はここからはしばらく調整に入りそうな感じですので
12月は我慢の月になるのかなと思っています

今年の目標はすでに大幅に超えているので、気長にいきたいですね

IPOラッシュについてはこれから調べたいと思いますが、今年はイケる気がしない…
去年は湖北工業がかなり貢献してくれて助かったんですけどね
今年はどうなるか(;´Д`)

comeupwith at 17:37

2022/10/31

月間成績
日経平均等
2022年10月のパフォーマンスです

月次 +14,590,018円(+15.4%)

年次 
+37,578,757円(+52.2%)
(TOPIX -3.15%)

今月はプラスでした
とはいっても、先月に-1,000万喰らっていますからね
合わせたらプラスなんて僅かなものなのよね(*´Д`)

あと残り2か月か・・・

11月の決算期はマジで大切
去年は最後の2か月で67%→106%と40%くらいパフォ伸びましたから
ここまできたらパフォにも複利が効くしね

去年はうまくいきすぎだったんで、そこまで期待していませんが
せめてここからのドマイナスは防ぎたいところです


今年は流石にTOPIX+20%というノルマは大丈夫だと思いますから(た、たぶん)
あとは基本に忠実に、期待値が高いと思われるところにベットし続けるのみ・・・

comeupwith at 16:00

2022/09/30

月間成績
日経平均等
2022年9月及び今週のパフォーマンスです

週次   +2,533,027円  (+2.7%)
月次   
-9,590,576円   (-9.2%)

年次 
+22,988,739円(+31.9%)
(TOPIX -7.8%)

今月はダメダメでした
ただ目標のTOPIX+20%はクリアしているので、焦る状況ではないと思っています
できればここ4年はクリアしているTOPIX+40%以上で今年を終えたい・・・

さて、今月の出来事と言えばもちろんダブスコの暴落
タイトルなし4
毎年のように起きる悲劇ですが、今回は多くのホルダーさんがTwitterやっていましたからね
どういった心理でフルレバになっていくのかを知れてすごく勉強になりました

改めて感じたのは、株ってやっぱメンタルだよね
ファンダの研究とか銘柄選定力は大切だと思うけど、それよりも自分のメンタルをしっかりコントロールすることのほうが重要な気がするんですよ

例えば、市場の大暴落はノンホルからすれば千載一遇のチャンスに見えるし、実際に大チャンス
しかし、株を多めに持っていると凄まじい恐怖に襲われてしまう
立場によって見え方が180度違っちゃう

本当なら暴落なんて絶好の買い場なのに、恐怖に襲われるとメダパニにかかってしまって正常な判断ができなくて、売っちゃいけない保有までぶん投げちゃう


でも凄腕の人はそこが違う

どんなときもメダパニにかからない

もしくはメダパニにかからないような準備が常にできている
(準備とは資金管理であり、メンタル管理であり・・・)

つまりは判断基準が「期待値」か「感情」なのかの違いなんですよね
どんだけファンダを研究し尽くしても売買基準が「感情」になってしまうといつまでも勝てない
凄腕の人は常に「そこに期待値はどれくらいあるの?」で売買している、感情を挟まない

ただ感情を入れないって、凡人にとっては無茶苦茶難しいんですよね・・・
・買値にこだわる 
・塩漬けする 
・自分が損切りした銘柄が騰がったら買えない
これらは期待値で考えるのならば絶対やっちゃダメ
なのに感情的にはすごく難しい

でもね、凄腕の人はそれを平気な顔をして出来るんですよ
普通なら激痛を感じるのに
(だから株はサイコパスが強いって言われるんでしょう)


ダブスコの悲劇も完全にメンタルコントロールのミスですよね
・インフルエンサーという権威に寄りかかる依存心
・周りもやっている(フルレバしている)からという集団心理による安心感
・資金を突っ込まなければ大きな機会損失を生じさせるという不安感
・押し目買いがことごとく成功した体験から生じる自信
これらが重なってあの悲劇が起きてしまった
期待値で考えるとこういった思考は全部邪魔なんだけど、今回大損した人は初心者が多かったみたいだからね・・・
自分が危険な心理状態になっているだなんて分からなかったのでしょう


「ダブスコ破産組は何を考えてあんなことををしたのか分からん」というつぶやきを見たけど、ワイはすごく分かる
自分も感情で判断しちゃう側だから

いろいろなところで学んできて
「あ、今自分は期待値でなく感情で判断しようとしているな」と少しずつ自分に問いかけられるようになってきたけど、一歩間違えたらインフルエンサーの言うがまま売買する側になっていたよね
本当に運がよかったと思います


で、ここまで書いて改めて感じます
「やっぱり株つらい」って
勝つためには感情に反することばっかりやらなきゃいけないから
自分のメンタルをコントロールするのって、ワイみたいな凡人からするとホントにストレスが大きい

でも、パフォーマンスを出すにはそれをし続けなくちゃいけないのよね・・・嗚呼


comeupwith at 18:18

2022/07/30

月間成績
週間パフォーマンス
2022年7月及び今週のパフォーマンスです

週次   -2,429,279円   (-2.9%)
月次 
+8,879,544円(+12.1%)

年次 
+10,531,360円(+14.6%)
(TOPIX -2.6%)

今月は辛かった記憶しかないんですが、資産は増えました
何で辛かったのかというと、たぶんボラが大きかったからだと思います
主力銘柄がIPOという狂気・・・

さて、決算ラッシュが始まりました
保有で先陣を切ったアズームは・・・ダメみたいですね(*´Д`)
来週はマイナススタートかあ

しかし、8月は決算期でも本決算と並んで熱い1Qですからね
超絶決算にうまく乗っていけたらと思っています

ここでこけたらかなり痛いんだよね
1か月後に笑っていたいのう(´・ω・)

【保有銘柄】※証券番号順
三井松島HD
アズーム
ワンキャリア
チャームケア
イーディーピー
マネジメントソリューションズ
プロジェクトカンパニー


comeupwith at 08:00

2022/06/30

Image-1
2022年6月のパフォーマンスです

月次  -3,322,660円(-4.3%)

年次 
+1,651,816円(+2.3%)
(TOPIX -6.1%)

今月は中旬まで大苦戦
地合いの悪さに引っ張られて月次で-13%くらいに沈んでいました
しかし、そこから地合いが回復して一時はプラスになったんですが、最終日に-400万をくらって
6月は結局マイナスに沈んでしまいました

今月貢献してくれたのはIPO
ANYCOLORとイーディーピーは上場初日に買いました
この2つがなかったらもっとひどかった
というか、今年はずっとマザーズの下げに付き合ってお金を減らして、IPOや決算凸で取り返して、結局プラマイゼロって感じ・・・

今年は半分が過ぎてTOPIX比+8.4%
残り半年で目標のTOPIX+20%を何とか達成したいところです・・・


【保有銘柄】※証券番号順
三井松島HD
東京エネシス
アズーム
ワンキャリア
ANYCOLOR
チャームケア
イーディーピー
ジェイリース
マネジメントソリューションズ
プロジェクトカンパニー


comeupwith at 22:00

2022/05/31

月間成績
2022年5月のパフォーマンスです

月次 +11,667,538円(+17.9%)

年次   
+4,974,476円  (+6.9%)
(TOPIX -4.0%)

今月は決算期だったためにPFを大きく入れ替えました

決算凸は三井松島、セカンドサイト
また、決算後に明らかに売られすぎだと思われたジェイリースをたくさん買いました
この3つは資産増に貢献してくれています


プロジェクトカンパニー、アズームは決算跨ぎも、好決算を出してくれて一安心
この2つとワンキャリアあたりは長く保有したい銘柄です、今のところ

なんとか年初来でプラスに復帰しましたけど、まだ予断を許さない状況ですね
相場は最悪期を脱した感がありますが、今年は何度も(底打ち→ダマし)が起きましたからね
6月はいったいどんな相場環境なのか・・・

ただ、正直指数はヨコヨコでいいんですよね
持ち株さえ上がってくれたら( ^ω^)・・・


※今月末のPF
PF







comeupwith at 20:00

2022/04/29

月間成績
2022年4月末及び今週のパフォーマンスです

週次   +728,098円(+1.1%)
月次 -9,231,230円(-12.4%)

年次
-6,693,062円  (-9.3%)
(TOPIX -4.7%)

今月はPRTIMES(3922)の決算で爆死
他にも決算凸が3連敗など、まったくいいことがありませんでした

マザーズ指数も再び600台に戻ってきて、ワイのような新興小型好きにとっては今年はずっと地獄です・・・

連休明けから1年で一番重要な4Qの決算発表が本格化しますね
寄り凸組が全員爆死するような地合いは勘弁してほしいところ・・・

好決算に素直に株価が反応するような、落ち着いた相場が来てほしいですね

※今月末のPF
PF





comeupwith at 08:00

2022/03/31

月間成績
2022年3月末のパフォーマンスです

月次 +9,501,460円(+14.6%)
年次
+2,538,168円  (+3.5%)
(TOPIX -2.3%)

今月はアメリカの利上げとウクライナの戦争が折り込まれたのか、世界的に株価は堅調な1か月でした

個人的にもやっと年次でプラスとなり、TOPIXを抜かすことができました
しかし、あくまでも目標はTOPIX+20%
今年も何とか達成できるように、ここからが大切だと思っています

マザーズ
4月以降の地合いは読めませんが、マザーズ指数は週足で見てみると、ここから本格的な上昇が始まってもおかしくないですね
ただ市場再編でマザーズがなくなる(指数は残る)ので、それがどう影響するのかは未知数なんだよな

さて、ここからの作戦ですが
たぶん5月の本決算が本格化するころに動くことになると思うので、4月はおとなしくしていると思います
今の保有銘柄が伸びてくれることをお祈りする1か月になりそうです


※今月末のPF
PF




comeupwith at 20:00

2022/02/28

Image-1
2022年2月末のパフォーマンスです

月次 +1,279,632円(+2.0%)
年次  
-6,963,292円 (-9.7%)
(TOPIX -5.3%)

今月はロシアがウクライナ侵攻を始めた日に-18.5%を記録
こりゃあ、1月に続いて2月のパフォーマンスもダメだな・・・って思いました

しかし、翌日にマザーズが+7.5%と記録的な大反発
それに乗じて何とか生還できた感じです

まだ年初来は-10%くらいでビハインドの戦いを強いられていますが
去年は同じ時期で-12%でしたから・・・

しかもマザーズはここ2日反発したといってもまだこの位置
マザーズ指数
まだまだこれからでしょ!

それと、戦争突入という悪材料の真っただ中で反発が始まりましたからね

コロナショックの時もそうだった
とうとう緊急事態宣言が出される!という雰囲気が最悪の時くらいから本格的な反発が始まったんですよね


そう、つまりは遂にここから散々苦しんできたグロースの逆襲が始まる・・・・


んじゃないかと期待しています、知らんけど

※今月末のPF
PF



comeupwith at 20:00

2022/01/31

月間成績
2022年1月末のパフォーマンスです

年次
-8,242,924円(-11.5%)
(TOPIX -4.8%)

今年は酷いスタートとなってしまいました
新興市場で戦っている多くの個人投資家は同じような感じじゃないのかなと思います

でも、僕は去年の1月は地合いが悪くなかったにもかかわらず-9.3%だったんですよね
だからこの地合いの中、去年と同程度のスタートなので全然悲観していません

むしろ去年は4月末時点で-15%でしたから
今年はまだあと11か月もある!という感じ

目下暴落のさなかですから、今は守りをしっかり考えて
いずれやってくるビッグチャンスにしっかりと乗れればと思っています


※今月末のPF
PF


comeupwith at 22:00
年間パフォーマンス (TOPIX)
2017年 +83.5% (+19.7%)
2018年    -3.8%  (-17.8%)
2019年 +66.0% (+15.2%)
2020年 +51.3%   (+4.8%)
2021年+106.9%(+10.4%)
2022年+110.8%   (-0.3%)
※月末に更新しています
資産の推移
2017年末    14,991,453円
2018年末    14,415,659円
2019年末    23,922,938円
2020年末    35,857,067円
2021年末    73,436,165円
2022年11月 151,036,708円
※年末に減資あり
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
ブログランキング
QRコード
QRコード