2020/10/04

ふたつの企業の業績を比較して

いきなりですが、下の2つの企業の業績をご覧ください

エ・チャ

A社、B社とともに業績の伸びがすごく似ています
ともに高成長で、営業利益率は10%をちょっと切るくらい
配当も似たようなもので、自己資本比率はどちらも40~60%
共に東証一部で業種は介護関連です


これだけ共通点がありながらも、大きく異なっているのが投資家からの評価
予想PERはA社が63倍B社は27倍
実に2倍以上の開きがあります

答えを言っちゃうと、A社はエラン(6099)、B社はチャームケア(6062)


これが僕がチャームケアを保有している大きな理由なんですよね
まだまだ割安で、もっと評価されていいと思うんですよ

ただ株で難しいのは、今後必ずしもチャームケアのほうが騰がるわけじゃないってところ
時流に乗っているかどうか、注目度があるかどうか、株主構成がどうかなどなど
株価の上下には様々な要素が絡んできますからね

しょせん株は美人投票で、割安かどうかなんてその人の主観ですから
今後チャームケアは今よりも評価されるかもしれないし、いつもでたっても評価されないかもしれない
こればかりは時間が経たないと分かりません


ただ「自分が割安だと思うものを買って、騰がるのを辛抱強く待つ」
これが株の王道だとやっぱり思っちゃうんですよね・・・

一番効率よく資金を増やすのはモメンタムを重視したスイングトレードだとは思うんですが
かなり難易度が高いからね・・・(*´ω`)


comeupwith at 16:04雑記 
Twitter プロフィール
フォロー、お待ちしております
年間パフォーマンス (TOPIX)
2017年 +83.5% (+19.7%)
2018年    -3.8%  (-17.8%)
2019年 +66.0% (+15.2%)
2020年 +51.3%   (+4.8%)
2021年+106.9%(+10.4%)
2022年  +45.3%   (-1.5%)
※月末に更新しています
アーカイブ
ブログランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ